高齢者虐待対応マニュアルで虐待防げるのか?


[紀伊民報]
 和歌山県は、高齢者への虐待問題に対応する市町村や地域包括支援センター職員向けの「高齢者虐待対応マニュアル」を作った。マニュアルは、相談現場で使いやすいようQ&A形式の対応方法や事例紹介を盛り込むなど工夫した。300部作成し、市町村など関係機関に配布した。

 市町村などの窓口で虐待に関する相談を受けた際に職員が迅速で適切な対応ができるようにするのが目的。これまで国や日本社会福祉士会のマニュアルはあったが、県が作成するのは初めて。

 県はこれまでに研修などで示してきた対応策を整理。県や市町村職員、社会福祉士、保健師、医師、弁護士らが参加してマニュアルをまとめた。

 マニュアルは市町村など相談窓口の現場で使いやすいよう配慮し、製本した冊子ではなく、書類を追加できるようファイル形式にした。相談内容を書き込む調査票や組織内で協議する際の書類例なども盛り込んだ。

 7章構成で身体的虐待や心理的虐待、経済的虐待など虐待の定義のほか、相談の受け付けから対応、解決までの流れを図式化して表示したものなどを掲載。家族や親類などが虐待者となる在宅の場合と、介護施設職員の場合に分けて、対応を紹介している。

 体に小さな傷が頻繁に見られる▽急におびえたり恐ろしがったりする▽体重が不自然に増えたり減ったりする―など、高齢者虐待の兆候を確認できるチェックシートも載せている。

 県はマニュアルを市町村担当課などに配布。5月中旬にはマニュアルを基に研修を開催した。今冬にも研修を開く予定。

 県によると、高齢者虐待の相談、通報件数は増加傾向にある。施設職員による虐待の相談・通報件数は2011年度に9件、10年度は6件だった。家族など在宅介護での相談・通報件数は11年度に141件、10年度は170件だった。件数調査を始めた06年度は98件だった。在宅の場合、ホームヘルパーやケアマネジャーなど介護職員からの相談が多いという。





「市町村などの窓口で虐待に関する相談を受けた際に職員が迅速で適切な対応ができるようにするのが目的。」とあります。

しかし、これまで従事者や利用者家族が市町村へ施設内虐待の事実を告発しても、対応をしてくれない等の事例が多発してきました。

対応のマニュアル以前に、先ず、対応をする気があるのか無いのかが問われるべき問題だと思います。

先日、父が入所している施設で、父の居室のクーラーが壊れておりました。

父からの「クーラーが壊れている」との訴えがあり、私は施設へ飛んでいきました。すると、父の居室は全閉状態で、中に入るとムッと蒸し暑くなっていました。

この部屋は温度計が無いので、クーラーのリモコンで設定を見ました。すると、リモコンは完全に壊れており何の設定で何度の設定かも分かりません。

父には毛布が掛けてあり、私が毛布を外して父の下半身を触ると汗でビッショリになっていました。

直ぐに施設の責任者に抗議をしました。すると、責任者は「クーラーは壊れていません、私の体感ではちょうど良いです、文句があるのなら当方では面倒は見れない」と言い張るのです。

その後、施設に温度計を持ってくるように訴え、温度を確認すると30℃で湿度が60%となっていました。

この事を大阪市福祉局高齢者施策部介護保険課指定・指導グループへ相談をしました。

大阪市の担当者は、「これでは虐待とは言えない。そもそも、その施設を選び、その施設と契約したのは利用者さんですので」との回答です。

この人間達は何を指導しているのか?利用者へ間違った変な指導をしている暇があるのなら、事業所へ適切な指導をしろ!と言いたいです。

この様に告発に対して真面目に対応をしようとしない輩にマニュアルは何の意味があるのか?

施設内虐待の真相を徹底的に明らかにしてほしい


埼玉県春日部市の高齢者介護施設「フラワーヒル」で平成22年、入居する高齢者4人が短期間に死亡したり大けがをしたりした問題で、95歳の女性を殴り死なせたとして、埼玉県警捜査1課は11日、傷害致死の疑いで元職員の無職、大吉崇紘(おおよし・たかひろ)容疑者(29)=同 県松伏町、別の入居者への傷害容疑で逮捕=を再逮捕した。
 
捜査1課によると、大吉容疑者は「拳で胸付近を複数回たたいた」と容疑を認め、「第一発見者になって同僚にほめられ、認められたかった」と供述。 同課は事件の経緯について詳しい裏付けを進める。
 
逮捕容疑は22年2月18日午前、介護福祉士として勤務していたフラワーヒルで、入所していた無職、三笠みさゑさん=当時(95)=の胸を拳で殴り肋骨(ろっこつ)を折るなどして死亡させたとしている。
 
三笠さんは施設の関連病院に搬送されたが同日午後2時35分ごろに死亡。 「胸部大動脈瘤破裂」による病死と判断されたが、当時撮影されたCTスキャンの画像を精査した結果、骨折していたことが判明した。
 
県警は先月、別の入居者の女性=同(84)=への傷害容疑で大吉容疑者を逮捕。
その後の捜査で、三笠さんの急変を最初に発見した大吉容疑者が、暴行を加えた疑いが強まった。

産経新聞




介護福祉士が「同僚にほめられ、認められたかった」と供述している。

同僚にほめられ、認められる為に利用者を虐待するのか!

許されない鬼畜介護福祉士だ!

これだけの施設内虐待が発生していて、施設関係者が全く知らないでは済まされない。

社会福祉法人・介護福祉士、社会的弱者を食い物


長崎県島原市の身体障害者支援施設「島原療護センター」で、職員の介護福祉士ら7人による入所者への虐待が常態化、暴行が2006年からの7年間で約300回繰り返されていたことが6日、分かった。肋骨や腕の骨を折るといったケースもあった。特別監査を実施した県が明らかにした。

 県は6日、運営する社会福祉法人「幸生会」(同県諫早市)に、社会福祉法に基づく改善命令を出し、虐待を防げなかった山田優儀前理事長(68)が経営に関与しない体制にするよう要求したほか、内部調査の実施や職員研修の強化などで再発を防止するよう求めた。

2013/06/06 18:53 【共同通信】





施設内虐待、厚生労働省発表認知数は氷山の一角、言い過ぎかもしれないですが、施設内虐待は何処でも発生していると考えるのが妥当です。

擁護者の虐待よりも遥かに多いと思います。

高齢者施設は、学校の虐め問題と同じで、隠すのです。

社会的弱者を守るのではなく、自分自身を守るのです。

ニュースでも紹介されていますが、「社会福祉法に基づく改善命令を出した」とありますが、甘すぎます。

「山田優儀(まさのり)前理事長が07年に入所者がけがした原因が虐待と知りながら県に「原因不明」などと報告していたことも判明したという。」とあります。

何故、刑事告発されない?

全く道徳心を欠いた人間達です。

厳罰化を早急に求めます。

体験談その29

虐待が発生し、施設長が不法に家族に対して退所を強く迫った、その施設内で、先方弁護士も出席し話し合いが行われました。その内容です。(要旨)※長いので分割してアップしていきます。

①被疑者が介護日誌に虚偽の記載をしている事は、誰が見ても間違いない事を再確認しました。

私:先日、弁護士さんと電話でお話をさせて頂いた時に、被疑者(ヘルパー)が介護日誌に虚偽の記載をしていた事について、弁護士さんが認めた事実。結果、被疑者(ヘルパー)の介護日誌は信用するに値しないと認めた事実。(証拠音源の事実とは全く以って逆の記載が成されていた事)

上記の点について、電話で弁護士さんが認めていた件について、もう一度確認をさせて下さい。

先方弁護士:「被疑者が本当の事を(介護日誌に)書いていないのかな~?とは推測はできます。」と、何か弁護士の発言にトーンダウンが見受けられます。

体験談その30へ続く

また、発生してしまった高齢者虐待(軟禁虐待)

毎日新聞 2013年06月03日 18時53分

 神戸市は3日、同市北区の高齢夫婦に虐待をしていたとして、ケアプランを立てた居宅介護支援事業所「セントケア北六甲」(同市北区)とヘルパーを派遣していた「あじさいのもり神戸」(同)を介護10+件保険法に基づき、8月1日から6カ月間、事業所指定を停止すると発表した。営業停止処分にあたる。

 市介護10+件指導課によると、マンションに住む90代男性と80代女性の夫婦は2011年3月から訪問介護を受けていた。昨年8月21日、女性介護10+件ヘルパーが夫婦らに無断で、玄関ドアノブと窓の格子をバイク用チェーンキーでつないで外から施錠し、外出できないようにした。訪問時だけ解錠し、退出時に再び施錠していた。

 ケアマネジャーら両事業所幹部も認識していたという。両事業者は市に「男性が出歩き、転倒や事故の恐れがあった。(了解が必要な)身体拘束や虐待に当たらないと思っていた」と説明したという。女性は歩行困難だったという。

 昨年11月、夫婦の知人から市に「外から鍵がかかっている」と苦情があり発覚した。【渡辺暢】




施設側(居宅介護支援事業所セントケア北六甲)は、「虐待しているとの認識は無かった」と供述しているようです。

やはり、虐待に対する認識が甘すぎるんです。

というか、何をすれば『虐待』になるのか認識していない施設や職員が腐る程いるのです。

これは、やはり問題です。

施設側は、知っているのに、『知らない』と答えているとしても問題です。

いずれにしても大問題です。

やはり、施設内虐待が発生した場合、施設管理者への取調べを強化し、厳罰化を行う事が喫緊に求められます。介護業界は末期状態です。

しかし、神戸市は自ら記者会見を行って、速やかに施設に対して行政処分を下しました。※当たり前ですが・・・

虐待が大量に発生していながら、情報を隠している大阪市(橋下市長)とは、全く比べ物になりません。
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

広告
スポンサーリンク
眠りを変える!!腰痛・肩こり
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
広告
スポンサーサイト