現在の制度では高齢者虐待は無くならない

30歳未満の男性職員による虐待が多発している事が判明したらしいです。



介護施設の職員らが高齢者に虐待したと自治体が判断したケースが平成24年度は前年度比2・6%増の155件となり、過去最多を更新したことが26日、厚生労働省の調査で分かった。

介護職員の約8割を女性が占める中、「30歳未満の男性職員」による虐待が多発している傾向も新たに判明した。

一方、家族らによる虐待は前年度比8・4%減の1万5202件で、2年連続で減少した。

加害者と被害者の「2人世帯」での発生が多く、夫や息子による暴力などが目立った。

調査は、高齢者虐待防止法に基づき18年度から実施。

今回は初めて職員の性別や虐待の要因などを調べた。

これによると、虐待を行った施設職員は男性41 %、女性59%で、全職員の男女比を考えると男性の割合が高く、年代別では「30 歳未満」が虐待に及ぶ割合が大きかった。

理由を分析すると「職員の知識不足」(55 ・3%)、「職員のストレス」(29・8 %)などが多く、高齢者の認知症の症状が重いほど、身体的虐待を受ける割合が高いことも分かった。

厚労省は「コミュニケーションがとれない中で、荒っぽい対応になった可能性がある」とし、研修などの適切な対応をするよう自治体に通知した。

家族らによる虐待では加害者の年齢などを初めて調べた。

息子による虐待が多い「50代」と夫が多い「70歳以上」がともに2割を超え、家族構成を調べると、加害者と被害者のみが同居する「2人世帯」が半数近くを占めた。

産経新聞 12月27日(金)7時55分配信





確かに、当ブログに登場してくる虐待ヘルパーも20歳の男性でした。

しかし、統計は自治体が「虐待」と判断した虐待発生件数にすぎず、目に見えない虐待や隠している虐待は山の様にあります。

当ブログでご紹介している様に、この20歳の男性ヘルパーが虐待を行っていた件数は、私の父以外にも解っているだけで、8件あります。

自治体は虐待と認知していません。

また、ヘルパーは同時に数十人を介助する事から、1件の虐待の裏には数十件の虐待が発生しているのではないかと思われます。

更には、同僚や施設管理者が虐待を隠蔽している事件も多く発生しています。

ニュース記事の統計数は氷山の一角で、その数千倍以上虐待は発生していてもおかしくは無いと思います。

虐待の隠し撮りが日常的に行われれば、もっと施設内虐待の認知件数は増えると思います。
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック