体験談その36


私:だから、証拠を出して下さいよ!
上記からの続きです。

弁護士:いや、先程、申し上げさせて頂きました通り、こういう事実で、こちらの方では認定をしたという事なんです。もう、それ以上の事は、・・・

私:うん、だから、うちの親父が、やったっちゅう事やね?

弁護士:我々の主張としては、そういう事ですね。

私:ふん、解りました。ほな、まあ、うちもそれなりの対応をさせて頂きたいと思いますけどね。

施設長:あの、逆に、どうやったとお考えになられてるんですかね?

私:いや、父は「やってない!」と言ってる訳なんですよ。

施設長:それを見たと、おっしゃってるんですか?

私:要するに父親がね。

施設長:それは、私ども、すみません、ご本人さんに、証言をお伺いした時に、そういうお話が無かったものですから、その情報は、私ども、いま、初めてお伺いしました。

私:さっき、施設長が言ったけど、そういう事は聞いてなかったと、被疑者の自作自演の話し、僕が父親から聞いた事情聴取の内容は、施設長は聞かれてないって言いましたけど、じゃあ、それを聞かれてどうなんですか?

施設長:もし、そうであれば、もし、それが、被疑者が、自分で傷をつけて、怪我をして、それを記録を嘘を書いて、お父さんを犯罪者まがいの、そういう形に仕立て上げたちゅうのは、これは、本当に申し訳ない話だと思います。

体験談その37へ続く
プロフィール

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック