体験談その⑧


特別養護老人ホームでのカンファレンス。

私は「2階に居る時は、父から電話が掛かってこなかったが、5階に移ってから毎日の様に掛かってきて、助けを求めてくるが、職員の対応が変わったのか?2階の時と同じ対応はしてくれないのか?」と尋ねる。

特別養護老人ホームの女ソーシャルワーカー(虐待音源に登場してくる女)が「そういう事を主張されるのであれば、今から5階から2階へ降りますか?ただ、大幅に利用者の居室移動を行い、職員の配置も変更しているので、先日までの環境とは異なってしまいますが、いいですか?」と反論調に返してきた。

私は「そんな事を言っているのでは無い!2階に居る時と同じ対応はできないのか?と聞いている!」と訴えたところ。

特別養護老人ホームの女ソーシャルワーカー(虐待音源に登場してくる女)が「私たちは、ちゃんと介助をしている。現在、お父さんが車椅子に乗っているのも私たちが介助したんです」と言ってきた。

なんか、水掛け論みたいな話になっているのを察してか、特別養護老人ホームの主任が「お父さんの言う通りに近づけるように努力します」と言ってきた。

この日は、これで終わる。

信じられないと思いますが、その後、約1年間、特別養護老人ホームの職員の対応は変わらず、父からの助けの電話は続きました。

私はこの1年間、本当に悩みました。「父が本当の事を言っているのか?特別養護老人ホームが本当の事を言っているのか?」

様々な方に相談しましたが、「施設とよく話し合いをする事だ」と同じ様な、解決にならない返答ばかりでした。

その間、父には「もう少し我慢してな」「ヘルパーさんも大変な仕事やからな」「100人近くの入所者が居るからナースコール押しても直ぐには来れないよ」「人間、誰でもイライラすることあるやろ」「とにかく、ありがとうの感謝の気持ちを言葉に出していこう」とあらゆる言葉を使って、父をなだめていました。

そんな事を1年間続けていた時でした。

ある時、信じられない光景を目の当たりにしました。

体験談その⑨へ続く

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【体験談その?】

特別養護老人ホームでのカンファレンス。私は「2階に居る時は、父から電話が掛かってこなかったが、5階に

コメントの投稿

非公開コメント

あっては ならない事なんですが 残念ながら この様な腐った施設は多数存在します
でも それが 当たり前になっては いけないのです
まる様のブログを通して 一人でもいいので 虐待に関心を持って頂きたく思います
また 人間として許されない事を した人と戦う勇気を 少しでも良いので持って頂きたく思います

再度お邪魔します。

以前の更新から日が空いていたので、とても気になっていたのですが、まだまだ大変な日々が続いているのですね。
一年というのはとても長いですよね。。
今回のカンファレンスも、ケースワーカーがそのような状態では、改善に向くのは困難かもしれませんね。。
まるさん、正直次の更新がとても怖いです。。
またお邪魔させて頂きます。頑張って下さい。

nikopero 様、再訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。


申し訳ありません。

最近、どたばたして何もできませんでした。

近日中に次の体験談をアップいたします。

また、よろしくお願いいたします。

1年間も虐待を訴えられ続けて、きちんと調べず、法的手段もとらず放置?

自分なら罪の重さに耐えられませんよ!
なにをしているんですか!
プロフィール

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック