体験談その25


私:お手紙で「第三者委員会作成の報告書を開示はできない」という事ですけど、そもそも、施設として施設職員が利用者に虐待を行った事に対して、事実確認をして説明する責任は施設にはあるでしょ?

弁護士:あの、その件に関しては、私達もお会いしてお話しもさせて頂いた事もありますし、説明させて頂いているつもりなんですけど・・・

私:事実関係はしてないでしょ? 何でその様な事件が起こったのか。認めますという話はありましたけど、詳細には説明されていませんよね?

弁護士:法人の方からもお会いして説明させていただいているつもりなんですが・・・
具体的にどういう情報がほしいのでしょうか?

私:何故、職員が利用者に対して虐待をするに至ったのか?家族から父が虐待を受けているのでは?との再三に亘る施設に対する問い掛けに対して対応されなかったのか?その様な説明は一切受けていないから。

弁護士:まぁ~、そういうご要望があったという事で、施設に伝えてご検討しますので。

私:早急に文書で説明して頂けますか?「あの時、言ったつもりなんですけどね」みたいな対応では無くて、誰が見てもちゃんと説明していると思わせる様な説明を頂けますか?
「今までに口頭でも説明したつもり」になっているのであれば、直ぐに文章書けますよね?
待ってますので。

上記の様に、この期に及んで、まだ、ふざけた対応をする悪徳虐待法人の代理人弁護士ですが、私の怒りも頂点に差し掛かかり、大阪市の健康福祉局へ相談しました。

すると、大阪市の担当者は「法人は然るべく情報を開示する責任はあると思います。他の利用者の情報を消してでも被害者には開示するべきだと思います。数日後、私も法人に行きますので、その時に開示する様に言っておきます」との事でした。

結果、後日、部分的に第三者委員会の報告書からの抜粋的な形で、悪徳虐待法人が開示してきましたが、やはり、納得のいく内容ではありませんでした。

えっ!結局、介護職員が虐待に至った理由は、こちらの責任?的な信じられない報告文書でした。

体験談その26でご紹介いたします。

コメントの投稿

非公開コメント

まるさん初めましてちあねです。

絶句ですね。。。


頑張ってください!

応援しています!

chiane様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。


応援ありがとうございます。

これからもご協力をお願い致します。 <m(__)m>

きちんと弁護士さんを介しているにもかかわらず、なんと誠意のない対応なのでしょう。
弁護士さんを含めた相手側の全ての人たちの人間性について考えさせられますね。
本当に遣る瀬無く思います・・・(-ω-ll)

翠様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。


そうなんです。

類は類を呼ぶと言いますが、施設も施設、弁護士も弁護士って感じですよね。

真に反省するまで徹底して戦っていきますので、これからもご協力をお願い致します。

頑張って下さい!

私はある法人で働くケアマネです。

以前に現場で働いていたときに、かなり年配のヘルパーが、虐待しているのを見たりしてきました。やってる本人は虐待なんて思ってないんですよね。私たちは大事な家族をお預かりして、給料をもらっているって感覚がないんです。
その時は私たちが何人かで会社に訴え、スタッフがカメラを仕掛け現場をおさえました。

法人だと、市役所も一緒なって隠したり、法人が圧力かけてきたりと、難題はあると思いますが応援してます!

みてもらってるから多少のことはと目をつぶる家族をたくさんみてきて悔しい思いをしてきました。もちろん私がいる施設では私がケアマネでいるいじょう絶対に許しません。

体に気を付けて頑張ってください!応援してます!お父さんは守ってくれる家族がいて、幸せですね。心の傷も早く癒えていくことを、願ってます。

ココ様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。


本当に嬉しいです!

その様に虐待と戦ってくれる介護従事者が居ると本当に嬉しいです。

見て見ぬふりをする方。同僚上司に相談して潰される方。一人で行政窓口に告発に行って潰される方。

色々な介護従事者が居ますが、ココ様より「私たちが何人かで会社に訴え、スタッフがカメラを仕掛け現場をおさえました」とありました。

私は「高齢者虐待防止法」などに決められている通り、虐待を知った者の告発義務をもっと考えるべきだと思います。

コメントも多く頂きますが、殆どの介護従事者は、自身の身を案じてか告発しない事が多い様です。

確かに、施設管理者のレベルが低い所は多く、職員が施設管理者に告発しても隠蔽しようとする。

それどころか、告発する様な介護従事者には嫌がらせをする。クビにする。などなど多くあります。

ですので、私は介護従事者の皆様に推奨しているのは、「自身の身を案じるのであれば、証拠を取って匿名で『インターネットで公開する』と施設管理者や行政窓口に送りつける!」です。

これで、ビビらない人は居ません。殆どの場合、施設改善に努めようとするはずです。

現在、ここまでしないといけない様な介護業界の状態になっているのです。悲しいです。

だけど、ココ様達の様に、恐れずに悪と戦ってくれる介護従事者がいる事を本当に嬉しく思います。

こちらこそ、ココ様を応援します。

これからもよろしくお願い致します。<m(__)m>

ん~・・・(怒)

公的機関の役人とやらに、「熱い人間」は居ないんですかね。
理屈や屁理屈で物事の正義を「事務処理」なんてしたら、道徳も何も無いはずなんですがね。

「首」をかけても「悪に立ち向かう」奴は居ないのか!!
そんな苛立ちを覚えます。

やっぱり、道徳を貫くのは現代では難しいんですかね・・・
私は簡単だと思うんですが。

上からの圧力や、「こうしなきゃ自分が危ない」そんなビビリまくりの小心者がいったい何を残せるのか。
この図式は、現代の「虐め」と酷似してると思います。

大人の虐めも、子供の虐めも、全く同じ図式ですね。
「更に弱い者を叩く」的な図式は、根絶やしにしないと未来が有りませんね!

先日、市役所にて吠えてきました(笑)
責任者を引っ張り出してね。窓口の平社員ではなく、責任者に「ふんぞり返ってんじゃねーよ!テメーが全部説明しろ!!」って。

税金の事ですけどね・・・アグラをかいてる奴は必ず居ます。
そいつらを引きずり出しましょうね!

情熱犬陸様、こんばんわ!いつもありがとうございます。


そうです。

子どもの教育以前に大人の教育をしないと日本は滅びるかもしれませんね。

20年後を考えるとゾッとします。

しかし、先日こブログにコメントしてくれた中学生がいました。

内容は「同じクラスに虐めに遭っている子が居るのですが、虐めを無くす為にどうしたらよいですか?」でした。

私は、思いました。

「虐めを無くしたい!」その様に思う気持ちだけで充分じゃないですか。嬉しく思いました。

しかし、現在の大人達はどうでしょう?

「他人はどうでもいい、自分さえ良ければいい」などと思っている大人が非常に多い事。

大人は綺麗な心を持つ子ども達を見習うべきです。

外の風景を観てみると、「その辺にゴミを捨てちゃいけないよ!」としかる親の姿。ですが、その横でタバコの吸殻をポイ捨てし、痰を道端に吐く団塊世代のおっさん。

諦めずにじみちに、自ら道徳を守り、周りにも広げていくしか道はありませんね。

リーダーへ

昨日はお疲れ様でした。

リーダーのお声かけのおかげで、楽しいひとときが過ごせましたことを、感謝しております。ありがとうございました。

早速、ブログ拝見致しました。
私の義母も介護4で、今は義父も健在なため在宅介護ですが、正直施設入所を何度も考えました。。いえこれからもっと考えるときがくるでしょう。
この虐待は、本当に他人事ではありません。
胸がしめつけられるような、音源で涙が出ました。

私は、資格取得後は施設でのお仕事を考えています。
学校では、技術的には社会に出ても大丈夫なんて言えるようになったとは、厚かましくて言えませんがすごく勉強になりました。
すばらしい講師の方々でしたし、同じ目標を持つたくさんのいいお友達もできました。
私も施設のお仕事に携われましたら、このブログのことリーダーが頑張っていること、忘れず頑張ります。
ブログ定期的に拝見させていただきます。
頑張って下さい。
お父様に気持ち伝わっていると思いますよ。

1年後お会いできるのを楽しみにしています。






みっちゃん様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。


全国には確固たる理念を持つ素晴らしいヘルパーさんも沢山居ます。

しかし、殆どの場合に内部告発できずに、悩んでいたり、見過ごしてしまっている事が多い様です。

その様なヘルパーさんの気持ちもよく解ります。

ですので、その様なヘルパーさんの為にも戦っていこうと思います。

時間が掛かると思いますが、これからもご協力をお願い致します。

昨日は、こちらこそお世話になりました。<m(__)m>
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

広告
スポンサーリンク
眠りを変える!!腰痛・肩こり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
広告
スポンサーサイト