FC2ブログ

体験談その27

「ご報告」文書を読んでの反論です。

はじめに、文書冒頭、

『平成○○年7月27日、(父)様が元職員(被疑者)に「うるさいねん。お前どうなるかわかってるんか。」と述べて暴れ、(父)様の手が元職員(被疑者)の身体にあたりました。更に、(父)様は、元職員(被疑者)に「殺すぞ」と述べて、元職員(被疑者)の胸ぐらをつかみました。このやりとりにより、元職員(被疑者)は負傷し、右鎖骨打撲の診断を受けました。
翌7月28日、当施設長より家族様に対して、前記の(父)様と元職員(被疑者)のやりとりについて報告させていただきました。そのうえで、契約書に基づき(父)様の退所を勧告しました。』

と、法人は説明をしていますが、実は、この内容について、当ブログの体験談その9でご紹介していますが、

私の父は「俺はやってない、逆に『早く出ていかんと殺すぞ!』と言われた」と供述しています。

しかし、この時も、この後も、施設は職員の供述と介護日誌だけを鵜呑みにし、施設として父への事情聴取は一切行っていないのです。

体験談その9より抜粋

『 私は「今までの施設長の話は、ケアワーカーの介護日誌に基づいている物であり、父への事情聴取は行って頂きましたか?」と尋ねました。

すると、施設長は「いや、聞いていません」との事。

私は続けて「本人への事情聴取をせずに、ヘルパーだけの情報を元に出て行けとは、おかしな話ですよね?普通、こういった場合は両者に事情を聞くのが普通でしょ?」と尋ねました。

すると、施設長は「事情を聞いたところで、この暴力は正当化できないんです。当施設の職員が記載した記録が信用できないのであれば、警察に届けて事実をみてもらう。記録が信用できないような施設に、なぜ入所されているのか?」と、父に事情聴取をしていない事に、悪びれた素振りも無く。逆に開き直った感じで話をすり替えてきた。 』

この期に及んで、まだ、この悪徳施設捏造の話を持ち出してくるか!
父はやっていないと言っているだろ!
しかも、文書記載の位置づけから、父がヘルパーに暴言暴行を負わせた事によって、1ヶ月後にヘルパーが父に暴言を行ったみたいな文脈になっているじゃないか!
全く反省していない法人の姿勢が文書冒頭よりうかがえました。

更に、第三者委員会の指摘内容の中で、度々、出てきますが、『(父)様は、介護職員に無理な要求をして精神的に追い詰めていたことがうかがえ、(父)様の対応は困難であったとの分析がなされています。』とあります。

皆様、冷静にブログでご紹介している『音源』を聞いてどうですか?

悪徳虐待ヘルパーの方がまさしく「手に負えない」という状態ではないですか!「鬼畜状態」

更に、利用者へ事情聴取をしていない、利用者の尊厳を無視し、人権侵害を正々堂々と行っている、悪徳施設長への指摘は一切されていません。全く全くおかしいじゃありませんか!

この様な、胡散臭い第三者委員会の報告文書を受けて、大阪市や大阪府は「良し」としているんです。

また、この第三者委員会も介護日誌や施設職員の言い分だけを聞いているのです。被害者への聞き取りや、私が警察に届けた音源等は一切聞いていません。

ここに登場する第三者委員会は「誰」と「誰」の間の第三者委員会なんだ!ただの悪徳虐待法人のお友達やんけ!と突っ込んでおきたいと思います。

当然ですが、抗議を行いました。

体験談その28へつづく

コメントの投稿

非公開コメント

第三者委員会の構成はどうなっているのでしょうか?
法律の専門家が入ると思うのですが・・・法曹界は入っているのでしょうか?

ちあね様、いつも本当にありがとうございます。


第三者委員会の構成等は教えてくれませんでした。

おそらく、仲介している悪徳弁護士かもしれませんね。

あまりにも内容がお粗末ですので。
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

広告
スポンサーリンク
眠りを変える!!腰痛・肩こり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
広告