FC2ブログ

特養も安全ではない!


東京・北区のマンションで、高齢者の手足をベッドに縛りつけるといった虐待にあたる身体拘束が行われていたことについて、塩崎厚生労働大臣は20日「あってはならないこと」と述べました。

 「虐待の事案があったということは極めて遺憾であって、拘束というようなことはあってはならないというふうに思っています」(塩崎恭久 厚労相)

 塩崎大臣は、東京都や北区と連携して実態調査を進め、必要があれば厚労省としても指導を行うとしています。(20日11:01).

最終更新:2月20日(金)14時8分
TBS News i


虐待と認定したのであれば行政指導どころではなく刑事告発すべきです。

比較的安価で入所できる特養のベットが足りていない事や、介護報酬引き下げや、人員不足が実情として背景にあると簡単に言うが、それは理由にならない。

何故なら、特養だからといって虐待は発生しないとは限らず、表に出てきていないだけで、数え切れないほどの虐待は発生しているのです。

また、介護施設は居室料で既に儲かっているのに従事者に相応の賃金を与えていない事から人が集まらないのです。

一間でトイレも無くキッチンも無い。そんな居室が常に満室になります。

介護付きという付加価値があるので、既に満室状態です。

一般のマンションで常に満室状態が続くような事は殆どありません。

事業者を強く取り締まる為の法整備(厳罰化)が何よりも大事だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

厚生労働大臣も言葉にするだけなら簡単です。あってはならない事が全国に山ほどあります。罪のない高齢者様が虐待から守られるよう、不正請求して不徳者にだけに税金の利益が入らないよう法の見直しなり、確認なり調査なり徹底すべきと思います。また各都道府県行政に任せきりにするのではなく内部告発を直接、国が聞くべきと思います。

介護虐待の調査資料について

都道府県ごとにたぶん都道府県の福祉担当課で年度ごとに介護虐待のデータが出ていると思いますが、私の住む栃木県でも確認してみたらなんだこりゃ???   

こんな介護虐待の数字のはずがあるはずも無くと思ってしまうほどのデータ資料。

大臣が、刑事告発と言ってもそれを管理監督する福祉課などが虐待として取り上げなければスルー・・・。数字にもなってこないと言う事です。

栃木県高齢対策課の虐待集計データ

栃木県高齢対策課の虐待集計データ
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

まるさん、何度か私のブログの方にも訪問して頂き有難う御座います。
上記私のブログ内の「添付画像」に栃木県の平成25年発表の施設内の虐待データですが、完璧に警察が良くやる被害届扱いにせず、数字化させない手法での集計です。

介護事故も介護虐待も、利用者及び利用者家族を泣き寝入りさせて揉み消しと言う事ですね。

まるさんのブログリンクさせて頂きました。

ken様、いつも本当にありがとうございます。

私もその通りだと思います。

表に出てくる虐待の認知件数なんて、実際には1パーセント以下だと思います。

早く社会的弱者が泣き寝入りしなくてよい時代を作らなくてはいけませんね。<m(__)m>

声を上げられるものが・・・。

お疲れ様です。

その数%の虐待データを裏取りもろくにしないで、マスコミが虐待わずか数人などと記事にするからたちが悪い。

>>早く社会的弱者が泣き寝入りしなくてよい時代を作らなくてはいけませんね。

そうですね、国が失業者やリストラされた者は介護業界へなどと進めておいて、社会的弱者がそれ以上の弱者を標的にして虐待では話になりません。

ブログや動画を見ても、介護のブログや動画はあっても介護問題を
指摘されている方はごく僅の決められた方が指摘しているだけですからまだまだです。

介護ジャーナリストと名乗る方々を調べても、ただ以前介護経験者や家族でその経験を本にしたりしてジャーナリストを語っているだけで
私も探したのですが、介護問題をまともに問題指摘している介護ジャーナリストと名乗る方は一人も見つけられませんでした。

本当は指摘できる者だけでも横の連携を築ければ良いのですがと常日頃考えております。

通報しました

職場を辞めた事で、やっと市役所で虐待について話す事ができました
何もしてあげられなくてすみません…
私が弱いばかりに、止める事も出来ず、辛い思いをされてきたと思います…

何度も市役所に行き、大きな問題として動いて貰える事になりました
ご家族も「おばあちゃん最近どう?」と電話するだけで「実は…」という話が聞けたりしているようで
資料がまとまり次第、抜き打ち調査に入るようです

何か変わってくれればいいのですが…
何もできないのが申し訳なくて仕方ないです

ken様、度々ありがとうございます。

私も施設の不当な扱いや、地域包括や行政の対応に不満を感じた時に本当に困りました。

インターネットで検索しても、何処に相談しても、誰に相談しても、きちんとした答えが見つからないのです。

ken様と全く一緒です。

ですので、道は自分で切り開くしかないと思い、ブログを立ち上げ、介護保険制度も勉強して、ここまで戦ってきました。

この事件を取り上げて下さった新聞も出てきました。記者様ありがとうございます。

私は、いよいよこれからだ!!と思っています。

正義と言っても力が無くては悪に勝てません。

ken様の言う通り、しっかりと連携しながら戦っていきましょう!!

現在、私は悪徳施設と係争中です。

判決が出れば、このブログでもある程度公開しようと思っています。<m(__)m>

マリル様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。

マリル様、通報して頂き、本当に本当にありがとうございました。<m(__)m>

言いたくても言えない環境が、介護現場には現実に沢山ある事を社会に知らせる事が大事だと思います。

私ももっと頑張っていきます。

マリル様、言える範囲で情報をご提供頂ければ、皆様も参考になると思います。

もし良ければ何卒よろしくお願い申し上げます。<m(__)m>

サイボーグのように肩が腫れた方
寝たきりなのに、突然起こる骨折、アザ
黙らせるために仰向けに寝せた患者様の顔にシャワーを浴びせかける

患者様が騒いでも、認知症がある為と言われ
虐待した介護士本人はそれを隠し
看護師も責任隠しで、自分でぶつけたなど適当な記録と報告
看護師長に直接報告しても、虐待は認めるわけに行かないのか、オブラートに包みまくって「最近言葉遣いの悪い方が居るようです、気をつけてくださいね」で終了
医師は疑わない
家族も知らなきゃ告発もできないですし

問題を口にし続ける私は、立場が悪くなり、辞めざるを得ない状況でした
弱い立場の職員、正常な考えを持った人は辞めて行きます
介護の現場は、悪い人が残りやすい仕組みになっています…

情報共有の上に改善があると考えて
どうにか意見箱の設置案が通っても、それも医師によって撤去されるような所です
言いたくても言えない、言っても何も変わらない

報酬や忙しさを変える事は難しいですが
それと患者様にストレスをぶつけるのは別問題だと思います

支離滅裂ですみません
無知な事が悔しいです
ブログを読む進めています
少し勉強させて下さい

ブログコメント

まるさんのブログコメント読ませて頂きました、やはり介護家族としての問題点疑問点も同じかと感じております。

また、介護施設や行政、ケアマネなど介護業界の慣習と申しますか、馴れ合い体質は困ったもので現実に介護家族側が、頭を下げるより介護保険法の詳細を介護家族が学び、それを介護関係者や行政にどう伝えるかで介護家族を守れるかと現在は感じております、家族を介護事件事故に遭わせてしまった介護家族としての負い目は有るのですが・・・。

一つ係争中との事ですが、記事にまで表沙汰になっている虐待ですので、加害者側弁護士や、裁判になってからの裁判官なども、多少は気にしていると思いますが、基本裁判などは介護も知らない、裁判官が損害に応じて判決を出すだけですので、介護施設側からどんな卑劣な発言をされたとしても、被害者家族が思った以上に判決などには表れない事が多いですので心落とさず、記事にまでなっている案件ですので、ブログなどで訴えて行きましょう!!

マリル様、ありがとうございます。

本当に生々しい体験をありがとうございます。

そんな悪事を働く施設や職員がとがめられる事がないのに、真面目な従事者が不当な扱いを受ける。

本当に介護業界は狂っています。

私は介護業界が改善されるまで悪人達と戦い続けます。

これからもご協力をお願い致します。<m(__)m>

ken様、度々ありがとうございます。

私も恐らくken様が言われる通りになるだろうなと思っています。

政治家も官僚も行政もその他の人も、家族が実際に被害に遭い、悪と戦わないとこの問題は理解し難いと私も思いました。※今になってそう感じます

私自身も父が被害に遭うまでは高齢者虐待に興味もありませんでした。

と言うよりも、そんな事が多くの施設で平然と行われているとは思ってもいませんでした。

ですので、今痛感する事は、伝える事が私の使命だと思っています。

ken様、共々にがんばりましょう!!

本日、厚労省へ連絡

まるさん、お疲れ様です。

本日、栃木県介護被害者会の代表を名乗り、介護保険法での解釈、一方的な今までの介護事業所の対応などについて、確約を取り付けました。今後も厚労省へは会代表として連絡させて頂く事を伝えて電話を切りました。

虐待まで行かずとも、今までの介護施設側の一方的な入所判断基準や、入浴の問題なども訴えて行きたいと思います。

後ほど、厚労省との詳細は私のブログの方にコメントします。

>>政治家も官僚も行政もその他の人も、家族が実際に被害に遭い、悪と戦わないとこの問題は理解し難いと私も思いました。※今になってそう感じます

確かにそうですね、ただその関係者の前に、まずはまるさんや私のように戦える術を持っているものはいいのですが、ほとんどが介護被害者でも被害者側が泣き寝入りしているパターンが多くあると思っています。

まずはその被害者の方々の声を上げやすい環境を作る事も戦える術を伝える事も同時並行で勧めて行かなければならないのかと考えております。

介護家族側の泣き寝入りパターン
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

私のブログの方に私が考える泣き寝入りパターンをまとめてあります。

介護福祉士として従事してきましてが数々の虐待、証拠証人を集め監査課に通報しても私の住んでいる行政は逃げました。係わった行政の担当者は水道局に移動。県議会、市議会でも議員さんに質疑していただいても逃げる事しか考えていない税金を貰って仕事していない行政。担当者を部署移動させ、警察に虐待傷写メ持参で通報しに行っても、「本人か(認知症で訴えられません)か家族の訴え(家族には肉親が虐待を受けていることを知らされていません)しか訴えを受け付けないとの事」行政に内部告発すれば虐待を受けている高齢者さんが救われると大きな勘違いをしていた事で逆に虐待を行政の為に防げませんでした。これなら匿名で家族さんに虐待を受けている事を知らせたら良かったと痛感しています。行政の監査課は虐待を受けている高齢者さんを助けません。行政との、会話のやり取り全て録音していますが話しになりません。「虐待を発見したら通報する国民の義務がある」などと職務を全うしない仕事をしない行政に通報しても無駄だと身をもって経験しました。逆に虐待に拍車をかける有り様です。行政が虐待を不問にするなら、今後どうやって虐待の被害にあっている高齢者様を救えるのか、考えて行きたいと思います。さいごに言いたいです。みんな生活がタイヘンナ中で税金をしはらっていますが行政は税金を支払ってる人の為に苦しんでいる人の為にうごいてくれません。怠慢もいい加減にしていただきたいと思っております。
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

広告
スポンサーリンク
眠りを変える!!腰痛・肩こり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
広告