FC2ブログ

施設内虐待防止対策

①施設職員との会話の録音

家族が施設に入所したら、施設職員との話し合いは必ず録音。それが鉄則です。

「まさか、私達は大丈夫でしょ」は、全くの油断です。

会話を撮り逃せば、何の証拠にもなりません。

「あの時、・・・って言ってましたよね!」では、何処に行っても通用しません。

②入所している家族の身辺録音

入所している家族の身辺録音を不定期的におこなう事が最も重要です。

特に夜勤時に虐待がおこなわれる事が多いです。

最近のボイスレコーダーは、夕方に録音し始めて早朝まで十分に録音できます。

4000円も出せば購入できますし音質も高いです。

もし身辺録音をおこなっていて、虐待を確認した場合は、躊躇せず、必ず警察へ相談して下さい。

もし隠しカメラで虐待の映像を撮れれば、更に証拠としての効果が上がります。

その後、行政窓口へも告発して下さい。

その後、施設に録音した日時の介護日誌を開示する様に伝え、介護日誌が手に入ったら、代表者に虐待の事実を伝えて下さい。※間違いなく職員は虚偽の記載をしています。

家族としては、虐待の事実を確認したら、直ぐにでも家族を保護したいと思うはずです。

しかし、被害者(家族)の保護は、一切行政にさせて下さい。

ここで、家族の判断で保護すると、後になって後悔する場合があります。

虐待防止対策として一番大事な事は、周りの者が「これぐらいで」と思い、虐待を見過ごしてしまう事です。小事が大事です。虐待は必ず大事にエスカレートしていきます。

小事のうちに手を打つ事が、最強の虐待防止対策となります。


プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
Twitter