FC2ブログ

体験談その53 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、当方から悪徳法人へ真面目な回答と謝罪を求める要望書の内容です。

『当法人の施設長が被害者様のご家族様とのお話の中で、秋葉原無差別殺人事件について言及したことを問題視されている記述があります。云々』と訳の解らない説明をおこなっているが、いずれにしても許しがたい内容です。

先ず、これも何回も言わせないで下さい。私が(この点について
、次男様(私)も過去に被害者様(父)の行動により松尾大樹が負傷したことをお認めになっておられたとおりです。)と発言した理由は、既に貴殿等に伝えていますが、もう一度言っておきます。

★重要事項:(認めたとは)貴法人施設長から、私達が不当な退所強要を受けた事により、退所という結果を避ける為におこなった発言である。

※7月27日の事件は父が被害者です。被害者の父が供述しています。
例え私が「認めた発言」をおこなったところで、私は現場を見ていませんし、父が松尾大樹に負傷させた証拠は何もありません。
施設長の強要から逃れる為におこなった発言です。

逆に、貴殿等が未だに父が秋葉原事件と同犯であるとする、事実関係を証拠で示してください。

更に貴殿等は「無差別殺人」と「他者に怪我を負わせること」があたかも同罪のように述べ、当方に「認めなければ警察へ被害届を出す」等と脅迫をおこなった事は間違いない事実です。

また、「4月26日付けのご連絡」に記載されている施設長の発言内容では、全く説明になっていません。

貴殿等には被害者(利用者)に情報を開示する義務があります。
当時の施設長がおこなった『秋葉原無差別殺人事件』発言を明確に述べ謝罪してください。

「記録が有る」と言っていたのに、急に「実は記録は無い」と言うのもおかしい。
また、本当に記録が無かったとしたら、法人運営及び施設管理者としての義務を怠っていたという事になります。

自分が言った事ぐらい自分でちゃんと言えると思います。
事実を曲げようとしているのは明白です。
本当に謝罪する気があるのでしょうか?
また、本当に最終解決を望んでいるのでしょうか?

義務を果たそうとしない貴殿等の態度では、最終解決は全く無理です。
貴殿等の提案を検討することもありません。

再三再四に亘って当方が要望している事に対して誠実に対応をしてください。
それが当方の和解条件です。 以上  』

上記の要望を踏まえ、とうとう、悪徳法人側も面倒くさくなってきたか!?と感じさせる様な回答が届きましたので、次回でご紹介させて頂きます。

体験談その54へつづく

体験談その52 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、当方からの要望書に対する悪徳法人弁護士からの返事の内容です。

『要望書には、当法人の施設長が被害者のご家族様とのお話の中で、秋葉原無差別殺人事件について言及したことを問題視されている記述があります。

この点、施設長は、当法人の元職員の松尾大樹が7月27日に被害者様の介護中に負傷したことに関して(この点については、次男様(私)も過去に被害者様の行動により松尾大樹が負傷したことをお認めになっておられたとおりです。)、いかなる理由があっても他人に怪我をさせることは許されるものではないということを申し上げ、その例として、秋葉原事件の犯人も背景事情はあったかもしれないが、その行為について責任を問われている、ということを申し上げたにすぎません。つまり、施設長としては、他者に怪我をさせることは許されないと申し上げる中で、秋葉原事件を一例にして発言しておりました。
とはいえ、施設長の発言により被害者様ご家族の皆様の心情を傷つけたことについて重ねてお詫び申し上げます

以上のとおりですので、貴殿等におかれましては、最終解決に向けて当法人の提案をご検討いただきますようお願い致します。』

上記の様な、またまた、被害者を怒らせる回答を送ってきました。

被害者家族が怒る理由

①回答『当法人の元職員の松尾大樹が7月27日に被害者様の介護中に負傷したことに関して(この点については、次男様(私)も過去に被害者様の行動により松尾大樹が負傷したことをお認めになっておられたとおりです。)』と、この期に及んでも、あえて被害者に訴えてきています。

私が、『父が松尾大樹に暴力をふるって怪我をさせた事を認めた』と、悪徳法人は改めて主張してきているのですが、これは、本当に腹が立ちました‼

以前の記事からもご理解頂けると思いますが、事件が発生したとされる当日、居室内には松尾大樹と父しか居ないのです。そこで発生したとされる『父が松尾大樹に暴力をふるって怪我をさせた』事について、私が仮に認めたとしても実際に発生していた事件なのか、松尾大樹による自作自演の事件なのか、解りようがありません。当たり前です‼ 当たり前なんです‼

こんな事、悪徳法人も悪徳法人弁護士も容易に理解できるはずですが、わざわざ、この期に及んでも主張してきているのです。クソが‼と、突っ込ませて頂きます。

②回答『施設長としては、他者に怪我をさせることは許されないと申し上げる中で、秋葉原事件を一例にして発言しておりました』と、本当にアホな論調を繰り広げています。リカバリーになっていない‼

これも、おかしな理屈ですよね~!
『他者に怪我をさせることは許されない』=『秋葉原無差別殺人を一例にする』これってイコール(=)ですか? 皆様どう思われますか? 聞かれなくても良いと思うくらい明確にイコールではありませんが、念の為に、ご説明させて頂きます。仮に他者に怪我を負わせたとしての話ですが。※してませんが。

『他者に怪我をさせた事』 と 『無差別に殺人した事』 これ、全く違う次元の話です‼

なんで、この発言をこの期に及んで正当化できるのか⁉
なんで、この発言をこの期に及んで被害者及び被害者家族に主張するのか⁉

③回答『重ねてお詫び申し上げます』だと⁉
重ねて怒らせて、どないすんねん‼ と、突っ込ませて頂きます。

と、いうことで、真面な回答と謝罪を求めて要望書を送付しました。

内容は、体験談その53へつづく

体験談その51 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、要望書を悪徳法人へ送った内容です。

① 前回、貴殿等より頂いたご返事に『8月31日の時点で既に話題にあがっております。その後、その発言に関する録音物等の確認をしておらず』とあるが、貴殿等で記録を取っているはずです。
それを確認してください。施設に記録が無いというのは、あらゆる意味に於いて非常に不自然です。
貴殿等は記録を隠ぺいしているのですか?

② 施設長の給与賞与減額処分は当方には一切関係がありません。その他に説明しないといけない事を先ず説明してください。

③ 当方は、既にあらゆる面に於いて、和解に向けた要望を貴殿等に対し、再三再四にわたって行っている。この和解に向けた要望に対し対応を行っていないのは、明らかに貴殿等です。速やかに、既に要望している内容に対し、対応を行うよう要望します。

この要望書に対する悪徳法人からの返事は、更に被害者やその家族の怒りを逆なでする内容でした。

体験談その52へつづく

体験談その50 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以前に「体験談その49」でご紹介させて頂きました当方からの要望書に対する悪徳法人弁護士からの返事の内容です。



『本件、施設長の発言につきましては、ご指摘の通り8月31日の時点で既に話題にあがっております。その後、その発言に関する録音物等の確認をしておらず、当法人としては、これ以上、内容を詳細に確認するすべが無い状況となっております。

ただし、施設長の認識する内容、発言後に発覚しました当法人の職員の行為をも考慮に入れ、施設長の発言は、本人の本意ではなかったのですが、被害者様ご家族の皆様の心情を傷つけるものであったものと認識しております。この点について、被害者様ご家族にお詫び申し上げます。

なお、当法人は、被害者様ご本人やご家族との関係で発生しました一連の件につきまして、施設長に対して、2カ年以上にわたり給与・賞与の減額等の処分を行っておりますのでお知らせします。

なお、既に被害者様より、本件一連の件についての金銭的な解決の案をいただいております。この点に関する当法人の考え方も既に示し、被害者様より再度金額のご提案をいただくなどのやりとりが行われています。したがって、本件は、最終解決に向けて金銭的な調整を行っていく段階に入っていると考えております。金額的なご提案について、最終的な解決に向けて調整させていただきたいと思います。既に長期間を経ているところであり、当法人としては、解決に資するのであれば、金額的にも当方の前回の提案に上乗せする形で再考する用意がございます。
以上のとおりご連絡いたしますので、ご検討のほど宜しくお願い致します。』

上記の様に、未だに真相を隠し「お金で隠しきろう!」との本意がありありとする返事の内容でした。

既に私は、『もう、和解はしない!とことんまで戦ってやる!!』と腹を決めていますので、『金額的にも当方の前回の提案に上乗せする形』とありますが、その手には引っ掛かりません。

「ここまできたら、とことんやるから待っとけや‼」との思いで、悪徳法人へ更なる要望書を送付しました。

体験談その51へつづく

新型コロナウイルス感染には十分に気をつけましょう‼

プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
Twitter