FC2ブログ

体験談その60 社会福祉法人和悦会 虐待事件


連載記事としては、この記事が最後となります。

私は、事件が発生したら報道機関は報道してくれると思っていました。

私は、起訴されれば報道機関は報道してくれると思っていました。

私は、裁判所に提訴すれば報道機関は報道してくれると思っていました。

ところが、なかなか上手いこといきません。

まず、悪徳法人の介護職員(介護士)松尾大樹(仮名)の起訴が確定したので、各報道機関が報道してくれると思って、手当たり次第に各報道番組のホームページにアクセスし、情報提供を行いました。そして、取材をお願いしたのですが、この時点で関西テレビからの取材依頼1件だけでした。

そして、後日、関西テレビのテレビ収録を終えたのですが、放映ならず。とほほほ~

私の思いに反し、その後の取材依頼はありませんでした。

それから、5年が経ち、いよいよ、提訴!

提訴したので、各報道機関に情報提供を行いました。

すると、朝日新聞大阪本社の社会部記者さんからの取材依頼がありました。

残念ですが、その他の報道機関からの取材はありませんでした。

ところが、どっこい、朝日新聞が新聞記事にしてくれたのです。しかも大大的に!!

朝日新聞記事

当時、朝日新聞では介護関連の問題を連載していたみたいです。

その後も朝日新聞の社会部記者さんは、追跡取材をしてくれました。ありがとうございます。

大阪地裁の判決日が2015年7月2日に決まりました。

その事をこれまで追跡取材をしてくれた朝日新聞の社会部記者さんにご報告しました。

そして、朝日新聞の記者さんに相談してみました。

「判決が出たタイミングで、社会福祉法人和悦会の悪事を大大的に報道できないか?」と聞いてみました。

すると、朝日新聞の記者さんは、「できますよ!大阪地裁記者クラブに記者会見を要請すればできます!」との事。

しかし、「判決が出る前に記者会見を要請する事から、敗訴しても記者会見をする事になりますが大丈夫ですか?」との事でしたので、「悪徳法人和悦会の悪名を世に出す為に裁判に踏み切ったので、敗訴しようが報道してくれるなら記者会見させて下さい!」と伝えました。

その後、朝日新聞大阪本社の社会部記者さんが全てを段取りして下さり記者会見が決まりました。

そして、判決当日、裁判所に行くと、報道各社さんが私の元に駆け寄り、「本日、報道させて頂きます。」と、報道を伝えてきました。

いよいよ、判決前。

傍聴席には、報道各社さんも一緒に入りました。

いよいよ、判決。

裁判長が判決文を読まれるのですが、それを聞いて、敗訴したのか、勝訴したのか、判決文が難しくて何だか解らない。


個人名は当方の配慮により無記名若しくは仮名としています。
※個人名以外と主文以下の文章は原文です。
↓↓↓クリックすると閲覧できます。

社会福祉法人和悦会 暴言・暴力事件 判決文


法廷から出て、報道各社さんから聞かれました、「どうでしたか?」

私は、「いや、今の判決文で、私は勝訴したのか、敗訴したのか、解らないのですが、皆さん解りますか?」と逆に聞いてみると。

実は、各報道機関、最近、同じタイミングで人事異動があり、ここに集まっている記者さんは、司法記者としては経験が無い方ばっかりだったので、記者さんも解らないとの事でした。

当方の弁護士さんは法廷に来ていませんでしたので、判決文を弁護士さんに入手してもらい、確認してもらったところ、「勝訴です!」との事。

報道各社に勝訴している旨を説明いたしました。

そして、大阪地裁司法記者クラブの部屋で記者会見を行いました。

いつもニュースで見る記者会見場でした。

めっちゃ緊張しました。

多くのテレビカメラに、多くの記者様がノートパソコンを開いて、待っているではありませんか!

記者様の中には、テレビでよく拝見する記者さんの姿もありました。

緊張のあまり、汗だくで、頭の中は真っ白!

記者会見で何を言ったか覚えていないぐらい!

記者会見が終わり、裁判所を出ると、読売テレビの単独取材がありました。

帰宅してテレビをつけてみると、ほぼ、全チェンネル、17時、18時のニュースで報道されていました。



当日の夜、全国放送、日本テレビのnews zero でもフラッシュニュースとして報道して頂きました。

後日、全国放送のミヤネ屋でも特集して頂きました。

更に、後日、関西テレビで、再現ドラマを作成して下さり、放映もされました。

これだけ、多くの報道に繋がったのは、朝日新聞大阪本社の社会部記者さんの追跡取材や助言によるものです。

勝訴の判決が出たとしても、全国の社会問題としては、300万円を求める、ごく小さな損害賠償請求の民事事件です。黙っていたってニュースにはなりません。

ここで、改めて、朝日新聞大阪本社の社会部記者さんに御礼を申し上げます。

不当な扱いに苦しむ全国の社会的弱者の為にご尽力くださり本当にありがとうございました。

ここまで来るのに、奇跡が重なり合ったと痛感しています。

初めに

●最高の鶴見警察署のマル暴の刑事さんに出会えた事。
(この程度の事件では被害届を受理されない事もありますが、受理して捜査をしてくれました)

●最高の検事さんに出会えた事。
(この程度の事件では不起訴になる事もありますし、更に、悪徳法人に対応する助言もしてくれた)

●最高の弁護士さんに出会えた事。
(体験談その59でご紹介させて頂いてる通りです)

●最高の朝日新聞の記者さんに出会えた事。
(前記している通りです)

●最高の裁判長に出会えた事。
(刑事事件では、「録音だけでは暴力を認定するのは難しい」と言われていたが、民事事件では、「暴力行為を認定」して頂きました)

●最高の日本の報道機関が社会的弱者の味方になった事。
(小さな事件ではあったが、社会的弱者の為に全社報道してくれた)

★当ブログの連載記事としては、この記事が最後となりますが、結論です。

不当(悪徳)な扱いを受けた時に、泣き寝入りをしてはいけません。

悪と戦うのが正義だと思います。

悪と戦わないのは傍観者であり、悪を助長している事から、悪に加担している事になります。

悪と戦う時に、「皆が正義の味方をしてくれる」と思いがちですが、違います。

警察も行政も政治家も弁護士も裁判所も報道機関も味方してくれるとは限りません。

だから、諦めない事です。

だから、諦めてはなりません。

だから、戦うのです。

誰も称賛してくれなくても、応援してくれなくても、味方してくれなくても、自身の「道義心」に従い戦い続ける事です。

必ず、味方に成る人が現れます。

自身の為にではなくて、全国の不当な扱いに苦しむ皆の為に共々に戦いましょう!!

これからは、介護に関する時事ネタを記事にさせて頂きます。

今後とも末永いお付き合いを何卒宜しくお願い申し上げます。



体験談その59 社会福祉法人和悦会 虐待事件


和解、調停、訴訟、どれにするかは、相談した弁護士さんの判断(勧め)によって大きく変わる。話をさせて頂きます。

事件などに巻き込まれて、弁護士さんに相談する事など滅多にない事ですので、まず はインターネットで検索して調べます。

私も直ぐに検索しました。「大阪 弁護士 高齢者 虐待」で検索。

すると(大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター 「ひまわり」)というのが出てきました。

実際に私が、この事件発覚後に相談したのは(大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター 「ひまわり」)に紹介してもらった弁護士さんでした。
※1回(30分)の相談で¥5,000相場

初めて相談したその弁護士さんは、経験が豊富そうな年配のベテランの弁護士さんでした。

知り合いからは、「裁判しても時間が掛かるし、労力も掛かって良い事はないよ」と聞いていたので、既成概念もありました。

弁護士さんに事件の概要を説明しました。

すると、弁護士さんの助言は「和解」でした。

私は、裁判についてはド素人ですし、「やはり、和解しかないのか?」と思いました。

しかし、悩みました。

相手は社会福祉法人です。

本来であれば、税制を優遇された公けの事業者ですので、自ら記者会見を開いて社会(納税者)に説明し謝罪すべきなのですが、全く記者会見しません。

それどころか、「チョロっと、数十万円を払って和解したれ!」的な意思を早々に感じました。

これでは、和悦会に対して本当の痛手にはならない。と、思いました。

弁護士さんを入れて和解するなら、「自ら和悦会と直接話をして和解した方が良いのでは?」とも考えましたが、やはり、「和解」では、和悦会の事件が社会に知らされる事は無いので、和悦会の思惑通りになってしまいます。

これでは、泣き寝入りと同じ事ではないか?と更に悩みました。

そして、悩みながらも松尾大樹の刑事事件の成り行きを見守りながら、検事さんに色々と相談して助言を頂きながら悪徳法人和悦会と文通を行いましたし、直接対話も行いました。

しかしながら、これまでのブログ記事に掲載した通り、和悦会は非を認めようとせずに、「数十万円でお蔵入り」みたいな対応に出てきたので、この時点では「和解」はしない決断をしました。

検事さんから「松尾大樹が略式起訴できる状態になったので、最後に確認させて下さい。和悦会とは『和解』しませんね?」と、聞かれましたが、「和解する事はありません、起訴して下さい」と伝えました。

※起訴されれば報道機関も記事にしてくれるかもしれません。(報道機関が取材してくれる?してくれない?報道してくれる?してくれない?の話は、次回に詳しくお話させて頂きます)

そして、松尾大樹は略式起訴されて判決されたのです。

その後も和悦会と文通を続けて相手の改心を望みましたが、結果、反省どころか、「そもそも父の松尾大樹に対する暴行暴言が発端となった事件である」を誇示し続けてきました。

そこで、約5年が経って、「そろそろ、何か決断しないといけないな~?」と、思い。
最初に相談した弁護士さんとは違う弁護士事務所に相談しました。

セカンドオピニオンみたいな感じです。

すると、対応して下さった弁護士さんは、若い弁護士さんでした。
※1回(30分)の相談で¥5,000相場

そして、これまでの経緯や概要を説明してから、「裁判では時間も掛かって労力やお金も掛かる事から、調停でもしようかと思っている。だけど、悪徳法人和悦会の虐待事件を社会に明るみにしたい」と相談をしました。

すると、その若い弁護士さんから、「だったら裁判しましょ!!」と、言われました。

私はビックリしました。

最初に相談したベテランの弁護士さんは「和解」でした。

5年後に相談した若い弁護士さんは「訴訟」でした。

私は、「裁判をすると時間も掛かって労力やお金も掛かるのではないですか?」と、ストレートに聞きました。

すると、若い弁護士さんは、「実録ブログで経緯が明確になっていますし、大したお金も掛かりませんし、時間も大して掛かりませんので、やりましょ!!」と、訴えてきました。

またまた、ビックリしました。

訴えたいのは私の方ですが、若い弁護士さんが訴えてきたのです!!

泣きそうになりました。

若い弁護士さんの熱意に決意が固まりました。

「だったら、裁判します!!」

この後にインターネットで様々検索しました。

弁護士さんは、「和解」と「裁判」どっちが良いのか?

弁護士さんにとっての話です。

「裁判」をすると、度々調書を作成し、度々裁判所に出廷しないといけないし、報酬が少ない場合がある。

「和解」をすると調書もいらないし裁判所にも行かなくて済むし、報酬も裁判よりも多くなる可能性がある。

上記の事から、ベテランの弁護士さんは、「和解」を選ぶ傾向がある。

逆に若い弁護士さんは、報酬の多い少ないにとらわれず、弁護士としての志が高く情熱に燃えている。

誤解を招いてはいけないので、ここで言っておきますが、志が高く情熱に燃えているベテランの弁護士さんも多く居られると思います。

結果!! 私は、最高の志を持った、最高の弁護士さんに出会う事ができ、全国の社会的弱者の皆様の為に、大勝利させて頂く事ができました。

弁護士の先生を選ぶのに少し参考にして頂ければと思います。

次は、マスコミ報道機関についてお話しさせて頂きます。

記者様、本当にありがとうございました。

今回の事件は本当に記者様に助けられました。

体験談その60へつづく

体験談その58 社会福祉法人和悦会 虐待事件


当方から最後となる要望書に対する、悪徳法人最後の以下、「回答書」です。

『次男様(私)より要望書をいただきました。

同書において、7月28日の貴殿との施設長のやりとりの詳細を記載されておられます。記載内容を施設長が実際に発言したとして、この趣旨は、事実が明確でないとすれば、松尾大樹に被害届を出すことを薦めるということです。記載内容の中には、施設長が次男様(私)に対して明示的に「認めなければ警察へ被害届を出す」と述べた事実はみあたりませんでした。

しかしながら、施設長の発言によってご家族様の皆様がご気分を害されたことについて、重ねてお詫び申し上げます。

以上のとおり改めてお詫びいたしますので、貴殿等におかれまして、当法人の提案をご検討いただきますよう重ねてお願い致します。』


上記の通り、悪徳法人は、認めて謝罪をしませんでした。

ウソの謝罪は文言上はしていますが、施設長の不当な発言を認めて謝罪をしていないのです。

逆に「否定」をしているのです。

事実を否定をして謝罪をしている」という、訳の解らない謝罪をしているので、被害者は怒るのです。

早々に非を認めて謝罪すれば和解はできたと思いますが、これでは和解なんてできるわけがありません。

まぁ、この期に及んでも悪徳法人側は、被害者が次の段階、調停?訴訟?に出てくるとは、全くと言って良いほど考えていなかったと思います。

何故なら、この悪徳法人との文通が始まったのが、2009年11月12日です。

2009年11月12日、悪徳法人からの「お詫びと協議のお願い」がスタートです。

そして、悪徳法人最後となる回答書は、2014年2月27日です。

社会福祉法人和悦会虐待事件発生日は、2009年8月31日です。

もう、約5年もこの様な文通を行ってきたのです。

悪徳法人も悪徳法人の弁護士も「まさか、訴えられることは無い!」と思っていたはずです。

だから、5年間もはぐらかしてきたのではないかと考えます。

ところが、どっこい!! 面白い事になってきた!!

次回の体験談その59では、同じ事件でも相談する弁護士さんによって、和解するか、調停するか、裁判するか、別れるのです。

当然、最終判断は被害者本人ですが、弁護士さんの判断(助言)は、大きく影響する話をさせて頂きます。

体験談その59へつづく

体験談その57 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、前回、悪徳法人からの回答書に対する抗議文書です。

『前回、回答書に対する抗議と、これまで再三再四に亘って行ってきた事を改めて要望させて頂きます。そろそろ本当に反省して頂ければと思います。


認めなければ警察へ被害届を出す施設長発言の根拠となる証拠音源の一部です。

これを聞いて、見て、あなた達は、未だに、しらを切るのですか?
貴殿らもこの会議内容は知っているはずです。主催者なのだから。
弁護士さん、ちゃんと施設から情報提供してもらった方が良いのではないでしょうか?
毎回、謝罪どころか、話がこじれていますよ!
貴殿らの態度に私達は相当精神的苦痛を受けています!!
何回も同じ事を話すのは嫌なので、文脈から意味が解らなかったら、何回も読むなり、施設長に直接聞くなりしていただけたらと思います。

テープ起こし(抜粋)にて提示します。

7月28日 社会福祉法人和悦会 浜特別養護老人ホーム 1階会議室にて
施設側:施設長・介護主任・女子職員の矢栗美佳
被害者家族側:次男(私)・被害者の妻・長女

13:00頃脅し会議スタート
13:21頃の施設長の脅し発言

前略

次男:笑い

施設長:ただ、じゃ、もう一つ言います。じゃ、それ(松尾大樹の介護日誌と松尾の供述)を信用するに足りないと思われる根拠は何ですか?間違いかもしれないという。

次男:いや、それは、本人(父)のやっぱり言葉(俺はやってない)ですよ。

長女:本人が

次男:本人の意思ですわ。ただね。ただね。

施設長:うん、うん、わかりました。ほんなら、もう、これはもう、こうしましょうか、警察届けさして頂いて、もうそれの方がええと思いますわ。

次男:の方が

施設長:言うんであればね。もうこれは、すんません、ほんまにね、はっきり言いますわ、こんな事してしまいました、すみません、どないかなりませんかと言うてもらったら、いろんな話あると思うんだけど、書いてる事を疑われるところから始められたら、何を話しても駄目ですわ。だって水かけ論ですもん、ここであることは、ほなそうしましょ、あの、「職員にはそう薦めますわ」、家族さんがそれ望まれてるということで、あの、そうしましょ、で、あの、一応、傷害として警察へ届けさせて頂いてね、で、調べさせて頂いて、うわ、ちょっと。そういう事でいいですか?うん、そういう話なんですよ、これは、ちょっと今までと話が違うんです、怪我人出てますのでね。はい、ほんで、あの、えらいことなんですよ。これは、正直ね』


上記の様に根拠を明示して最後の要望書を送付しました。

皆様、これって『認めなければ警察へ被害届を出す』って事ではないですか?

そして、悪徳法人から、回答書が届くのですが、次の回答書も悪徳法人最後の回答書となります。

何故なら、調停?提訴?するからです。

もう、これ以上、社会的弱者をバカにする悪徳法人 和悦会とその弁護士を相手に文通を続けても、切手代が無駄になるだけです。
これまでの文通で悪徳法人は被害者側に本当に謝罪する気持ちは全く無いという証拠は十分に取れましたので、いよいよ、次の段階へと動き始めます。

次回の体験談その58では、悪徳法人最後となる回答書をご紹介させて頂きます。

体験談その56 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、悪徳法人弁護士から届いた「回答書」です。

『これまで申し上げてきたとおり、施設長は被害者(父)様と秋葉原事件の犯人を同一視するような発言はしておりません。

また、施設長は、7月27日に被害者(父)様の行動により当法人の元従業員松尾大樹が負傷したことに関して、松尾大樹が被害届を出すことを施設として止めることはできない旨発言したことはありますが、貴殿に対して「認めなければ警察へ被害届を出す」と述べた事実はありません。

いずれにしましても、施設長の発言により被害者様ご家族の皆様がご気分を害されたことについて、改めてお詫び申し上げます。

要望書に記載されていることは、これまで次男様(私)が当法人宛の書面で記載されてきたこととほぼ同じ内容であり、これまでの繰り返しになりますので、当方といたしましても、同様の回答をさせていただくよりございません。ご理解賜りたいと思います。

以上のとおりご説明とお詫びいたしますので、貴殿等におかれまして、当法人の提案をご検討いただきますよう重ねてお願い致します。』



アホな和悦会と、その代理弁護士に対して憤慨しましたので、当方から最後の要望書を送付しました。

次が本当に最後の要望書です!!もう、悪徳法人に、後は無い!!

この悪徳法人和悦会の悪あがきは、絶対に許しません!!

次回、体験談その57で、その当方からの最後の要望書の内容をご紹介いたします。


体験談その57へつづく

体験談その55 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、前回でご紹介した悪徳法人の「回答書(ご連絡)」に対する抗議と要望の内容です。

ご連絡内容に対する抗議と、これまで再三再四に亘って行ってきた事を改めて要望させて頂きます。

「※1しかしながら、施設長が退所を『不当に』『強要』した事実はありませんし、※2そもそも退所を避けるためであれば被害者様(父)が松尾大樹を負傷させた事実関係を争うのが自然であり、対処を避けるために退所事由に該当する事実をあえて認めることは不自然に思えます。」と訳の解らない説明をおこなっているが、いずれにしても許しがたい内容です。

上記※1の件については、専門的見地から様々な検証が行われているが、『不当な退所強要』に当たるとの意見が大多数です。

上記※2の件については、だから今争っているのです。当時は父の継続入所を維持する為に已む無く行った発言です。施設長より「家族が信用できない施設にお父さんを預けたらあきませんわ!!」等、不当な理由を何回も押し付けられた。

以下、前回に続き要望します。

★重要事項:(認めたとは)貴法人施設長から私達が不当な退所強要を受けた事により、退所という結果を避ける為におこなった発言である。
※7月27日の事件は父が被害者です。被害者の父が供述しています。
例え私が「認めた発言」をおこなったところで、私は現場を見ていませんし、父が松尾大樹に負傷させた証拠は何もありません。
施設長の強要から逃れる為におこなった発言です。

逆に、貴殿等が未だに父が秋葉原事件と同犯であるとする、事実関係を証拠で示してください。
補足します。当方は施設長より、父は「秋葉原事件」と同犯であるかの様な発言を受けた。何故、全く関係の無い「秋葉原事件」をこの場面で用いたのか説明してください。「無差別殺人事件」と「負傷事件」とは別次元の話です。

「秋葉原事件」を何の為に、何の一例にして発言したのかを説明して謝罪してください。
①「無差別殺人事件」を何の為に発言したのか
②「無差別殺人事件」を何故この場面で発言したのか
③「無差別殺人事件」を何の一例にしたかったのか
④その様な発言で利用者や家族を傷つけている事について、どの様に思っているのか

更に貴殿等は「無差別殺人」と「他者に怪我を負わせること」があたかも同罪のように述べ、当方に「認めなければ警察へ被害届を出す」等と脅迫をおこなった事は間違いない事実です。

「認めなければ警察へ被害届を出す」等の発言を何の為に発言したのか?説明して謝罪してください。

①「認めなければ警察へ被害届を出す」を何の為に発言したのか
②「認めなければ警察へ被害届を出す」を何故この場面で発言したのか
③その様な発言で利用者や家族を傷つけている事について、どの様に思っているのか

貴殿等には被害者(利用者)に情報を開示する義務があります。
当時の施設長がおこなった『秋葉原』発言を明確に述べ謝罪してください。

※「記録が有る」と言っていたのに、急に「実は記録は無い」と言うのも可笑しい。
また、本当に記録が無かったとしたら、法人運営及び施設管理者としての義務を怠っていたという事になります。

自分が言った事ぐらい自分でちゃんと言えると思います。
事実を曲げようとしているのは明白です。
本当に謝罪する気があるのでしょうか?
また、本当に最終解決を望んでいるのでしょうか?

義務を果たそうとしない貴殿等の態度では、最終解決は全く無理です。
貴殿等の提案を検討することもありません。

再三再四に亘って当方が要望している事に対して誠実に対応をしてください。
それが当方の和解条件です。

悪徳法人弁護士からの回答は、体験談その55でご紹介させて頂きます。

体験談その54 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、悪徳法人弁護士から届いた、何か、面倒くささを感じる「回答書」です。

『被害者様の次男様(私)より要望書をいただきました。

同書面には、次男様(私)が、過去に被害者様(父)の行動により当法人の元従業員松尾大樹が負傷したことを認めておられた理由について、当法人の施設長から不当な退所強要を受けたため、退所という結果を避ける為に発言したと記載されております。

しかしながら、施設長が退所を「不当に」「強要」した事実はありませんし、そもそも退所を避けるためであれば被害者様(父)が松尾大樹を負傷させた事実関係を争うのが自然であり、退所を避けるために退所事由に該当する事実をあえて認めることは不自然に思えます。

また、「被害者様(父)は秋葉原事件と同犯である」との記載もなされていますが、前回の回答で申し上げた通り、施設長は秋葉原事件を一例にして発言したのみで、被害者様(父)と秋葉原事件の犯人を同一視するような発言はしておりません。

いずれにしましても、施設長の発言により被害者様ご家族の皆様がご気分を害されたことについて、重ねてお詫び申し上げます。

以上のとおり改めてご説明とお詫び致しますので、貴殿等におかれましては、当法人の提案をご検討いただきますようお願い致します』


上記の様に、「施設長は言ってはいけない事を言ってしまった!!」って事を自覚していて、それを認めずに隠そうとしている事が明らかな文章です。

仮に、その様に発言していないのであれば、じゃあ、「この様に言いました!!」と、明確に反論すべきです。

私たち被害者は、明確に、「施設長からこの様に言われた!!」と発言しているのだから、悪徳法人が異論を申すのであれば、当日に行われた施設長の発言を反論の証拠として出せるはずです。

この期に及んで、再三再四にわたって、「証拠を以って反論せよ」と言われても、証拠を出せないのです。

要するに「認めているんです」。

要するに「ウソをついているんです」。

次回では、更なる追及(要望)を悪徳法人に対して行います。

この辺りから、私は、『そろそろ、悪徳法人の話も行き詰ってきたし、調停でもしようかな~?』と考える様になりました。
※調停から訴訟に心変わりする事も含めての内容は、もう少し先の記事でご紹介させて頂きます。

悪を倒すのは、正義でしかないのです。泣き寝入りでは悪を倒せません。悪を助長するだけです。
悪と戦うのは本当に楽しいです。徹底的に戦います。

体験談その55へつづく

プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
Twitter