fc2ブログ

施設内虐待と戦うブログ 「国民をバカにした『身を切る改革』にダマされるな!!」


皆さま、近年、第三極政党のキャッチフレーズとして多用されている「身を切る改革!!」

「身を切る改革!!」 これって、冷静に考えて、国民をバカにしていると思いますが、皆様は、どう思われるでしょうか?

近年、伸びたり、伸び悩んだりしながら、日本政治を混乱させている、第三極政党のキャッチフレーズ「身を切る改革!!」

確かに、仕事をしない政治家に支払う高額報酬はムダです。

しかし、この第三極政党が主張している、全ての政治家の報酬を「身を切る改革!!」と言って削減する事は、日本政治にとって致命的になるのではないかと思います。

なぜか?

日本人の平均所得が30年間上がらない状況では、有能な人材は、能力に応じて報酬が支払われる海外へと流出していくでしょう。

その様な状況で、「身を切る改革!!」と言って、有能な政治家の報酬までも削減する風潮は、更に、日本政治を低レベル化させてしまう事は、容易に想像ができると思います。

一般企業で考えてみると、安い月給の会社に有能な人材は集まるでしょうか?

答えは、「集まりません!!」

政治家という業種でも一緒です。

安い報酬で有能な政治家は集まるでしょうか?

答えは、「集まりません!!」

冷静に見てみると、「身を切る改革!!」と豪語して躍進してきた、第三極政党から輩出された政治家は、政治レベルが低くいどころか、一般的に人間としてどうなのか!?と思われる様な人間が多く輩出されているのです。

難題だらけの安全保障に、社会保障、経済対策と、混迷する日本政治。

今こそ「身を切る改革!!」とは、真逆でなければいけないと思います。

高額報酬を支払ってでも、有能な人材へ投資をしないと、日本の政治レベルは上がりません。

その上で、一番大事なこと。

有能な人材を選ぶか、無能な人材を選ぶかは、やはり、国民の政治レベルによるのです。

大阪では、短絡的に「身を切る改革!!」が、未だに優勢となっています。

これが、大阪の政治レベルです。

結果、政治のレベルが低下。府民が犠牲になっています。

第三極政党の言う、「身を切る改革!!」は、国民の「身を切る改革!!」となるのです。

結論。

有能な政治家への投資を止めて、無能な第三極政党の政治家に投資すると、日本の政治レベルは、必ず低下します。

無能な政治家を排除できる唯一の方法が【 選挙 】です。

国民がバカであってはいけません。

日本国民が、より賢くなり、有能な人材を見極めて、しっかりと【 投票 】(投資)していく。

これこそが、今、求められている事ではないでしょうか。


施設内虐待と戦うブログ ※施設内虐待研修資料 目次

0 Comments