FC2ブログ

虐待を防止できていない


高齢者虐待防止法では、虐待を防止する事はできていない話をさせて頂きます。

以下、厚生労働省発表の「高齢者虐待防止の基本」です。

高齢者虐待防止の基本

以上、見ていただいて解るように、「高齢者虐待防止法」の中には罰則規定がありません。

確かに基本的なルールには、なっています。

しかし、ルールを破った者に対しての罰則規定が無いのです。

少々の虐待が発覚しても、罰則を受けることは法律的に無いのです。

法律ではなく、社内規定による罰則はあるかもしれません。

しかし、社内的に虐待が発覚しても、隠蔽しようとする法人も沢山あります。

もっと具体的に話をします。

厚生労働省発表の「高齢者虐待防止の基本」の4ページ中に虐待の具体例が記載されています。

各虐待の分類別に考えてみましょう。
【身体的虐待】暴力的行為などで、身体にあざ、痛みを与える行為や、外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為。・・・これは、部分的に暴行・傷害事件として立件できるかもしれませんが、実際には利用者が証拠を元に供述しないといけません。介護保険施設に入所される方の多くは認知症です。強力なサポートが無ければ不可能です。

【介護・世話の放棄・放任】意図的であるか、結果的であるかを問わず、介護や生活の世話を行っている家族が、その提供を放棄または放任し、高齢者の生活環境や、高齢者自身の身体・精神的状態を悪化させていること。・・・これは、もしその様な状態があったとしても、立証が難しく事件としては、ほぼ成立しないと思います。

【心理的虐待】脅しや侮辱などの言語や威圧的な態度、無視、嫌がらせ等によって精神的、情緒的苦痛を与えること。・・・これは、部分的に脅迫事件として立件できるかもしれませんが、実際には利用者が証拠を元に供述しないといけません。介護保険施設に入所される方の多くは認知症です。強力なサポートが無ければ不可能です。

【性的虐待】本人との間で合意が形成されていない、あらゆる形態の性的な行為またはその強要。・・・これは、健常者の方でも立証が難しく、実際には利用者が証拠を元に供述しないといけません。介護保険施設に入所される方の多くは認知症です。強力なサポートが無ければ不可能です。

【経済的虐待】本人の合意なしに財産や金銭を使用し、本人の希望する金銭の使用を理由無く制限すること。・・・これは、部分的に窃盗事件として立件できるかもしれませんが、実際には利用者が証拠を元に供述しないといけません。介護保険施設に入所される方の多くは認知症です。強力なサポートが無ければ不可能です。

上記の様に分類される多くの虐待は、刑事事件として扱われない物が多いです。

例えば、施設職員が利用者に対して怒鳴る等の心理的虐待を行ったとしても、何の罪にも問えません。

また、介護保険施設に入所される方の多くは認知症ですので、社会的には精神障害とみなされる事が多く、証拠があったとしても、事件として立件できない。若しくは強力なサポートが必要になるのです。

この事から、「高齢者虐待防止法」は、何の防止にもなっていないと言えます。

また、介護職員の通報義務についてです。

同法、第21条に、養介護施設従事者等は、当該養介護施設従事者等がその業務に従事している養介護施設又は養介護事業において業務に従事する養介護施設従事者等による高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した場合は、速やかに、これを市町村に通報しなければならない。

と、定められていますが、通報しなくても罰則はありません。

また、介護職員が通報をした事で、解雇その他不利益な取扱いを受けている事についてです。

同法、第21条、第7項に、養介護施設従事者等は、第一項から第三項までの規定による通報をしたことを理由として、解雇その他不利益な取扱いを受けない。

と、定められていますが、多くの真面目な職員達は、解雇その他不利益な取扱いを受けています。

この様な、状況から介護職員が虐待を発見したとしても、自身の身を案じ、罰則も無い事から通報しないのです。

何回も言います。「高齢者虐待防止法」は、何の防止にもなっていないと言えます。

次は、本当の虐待防止対策を書かせて頂きます。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問履歴からきました。
初めてコメさせていただきます。

わたしは以前病院に勤めていて、介護病等に勤務していました。
この仕事を始めたときに、心をこめて介護させていただくつもりで入職し、他の職員も優しい人が多いのだろうと考えていましたが、職員による虐待の多さに驚愕しました。
そこでは、上司に訴えると虐待を行う職員を強く指導したり、部署変えをしてくれたり、ついにはその職員は退職というかたちとなりましたが、事情があって、転職した先にも、そういった虐待行為を日常的に行う職員がたくさんいました。

上司がしっかり意見を聞いてくれるところはいいのですが、そうでない場合、虐待がやりたい放題、野放しになっています。
根気よく上司に訴え、同僚と結託し、虐待を許さない職場にするのに、年単位でかかりました。
虐待をする職員は、心を入れ替え自分の間違いを正すような人ではありません。

自分のところの患者様を守るためには、そういう職員は辞めてもらうしか他にないのです。
せめて本当の意味で社会的に罰則があれば、と心から思います。
虐待を行う職員は、この業界から出て行ってほしい、他の仕事を探してほしいと切に願います。
一度でも虐待行為をした職員は、もう二度と介護の現場に出られないような法ができてほしいです。

まるさんのお父様が、安心して快適な毎日を過ごせるように願っています。



naomi様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。


貴重なご体験をいただき、ありがとうございます。

Naomi様のように真面目に従業される方が居る事を嬉しく思います。

一方、虐待を行うような悪い人間には、罰則を当然のごとく科していく、その様な制度になるように政治家の皆様にも訴えていこうと思います。

いずれにしても、悪い人間を放置しない事が大事だと思います。

ですので、ボイスレコーダーや映像を撮って、躊躇する事無く警察に告発すべきです。

地域包括支援センターや行政窓口に相談しても十分な対応をしてくれない事があります。

先ず初めに警察に相談し、警察から行政や施設に「通告・注意」をしてもらうのが効果大です。※警察沙汰になるとマスコミにも情報が流れるかもしれませんから。

これからも、ご協力をお願い致します。

ウソは泥棒の始まり・・・

タイトルの様な言葉を、昔はよく「親」に言われたものです。
今では殆ど聞かれなくなりましたが・・・

先日、こんなことがありました。

我が家の「柴犬」の散歩を息子としている時でした。
散歩コースの「大きな畑」に「鶏小屋」があるのですが、その鶏小屋のニワトリが、卵を産んでいたんです。

その卵が、「赤い卵」だったのですが、息子が質問してきました。

「父ちゃん、白い卵と、赤いピンクみたいな卵があるのは何で??」

私は応えることが出来ず、「う~ん(汗)・・・ゴメン、解んないや(汗)」
と困っていた時です。

近くで作業していた「70歳位」の御爺ちゃんが、「赤いニワトリは、赤い卵を産むんだよ(*^_^*)」

と・・・

私も息子も、「は~!なるほど!!」と感心しました。


年寄りって、沢山の知識を持っているんだな~と、息子と二人で話しながら散歩を続けたんです。
私達が知らない知識を、教えてくれる有り難い爺様(*^_^*)



しかしながら、非道徳な「裏社会」を作り上げているのも「年寄り」であるとゆう現実。
真面目に生きる「年寄り」が、ずる賢い「金の亡者」「自分のタメなら他人の犠牲も目をつぶる」とゆう偽善の塊である「クソ年寄り」に制圧されている現実は、許すわけにいきません。

真面目な年寄りの知識は、「日本の財産」ですよね。
財政的に厳しい日本ではあるけど、日本のこれからを陰ながら支える「正統なご老体」は、もっともっと大事にされるべきだと思う。

汚れて黒く「荒んだ手」より、後世に知識を残せる「正統な年寄り」。
この存在を、守ることこそが「日本の未来」に繋がると思います。

私特有の、「何が言いたいのか解らない」文章ですが、一番大切なのは、大人のクセに「ウソも方便」を自分の価値観、都合で使い分ける「卑怯者」を許すのが一番の「悪」だと感じます。

ⅲ 心理的虐待:高齢者に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応その他の高齢者に著しい
心理的外傷を与える言動を行うこと。

これは、幼い時から植えつけられる「道徳」であり、生きて行く上で一番大切なことです。

介護をビジネスと捉える「偽善者達」に死ぬほど「復唱」して欲しいですね!!


情熱犬陸様、いつも本当にありがとうございます。


今も悪徳虐待施設とのやりとりを行っていますが、未だに反省の色を見せません。

逆に被害者の感情を逆なでる発言を繰り返しています。※随時その内容もアップしていきますが

その様な倫理観の欠如した悪徳虐待法人の施設に、数百人の利用者が入所している事を考えると、事態は重大だと思います。

大阪市はこの様な法人を放置し何を考えているのか!

更にこの様な悪徳虐待法人に対して、地域包括支援センターの事業を委託したままです。

地域包括支援センターの事業は、主に利用者の虐待相談を大阪市の代わりに行う砦です。

いいのでしょうか、この様な悪徳虐待法人に、地域包括支援センター事業を委託してて。

いずれにしても、微力ですが戦い続けていきます。

情熱犬陸様、引き続きご協力をお願い致します。<m(__)m>
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

眠りを変える!!腰痛・肩こり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
広告