FC2ブログ

社会福祉法人 和悦会の浜特養で暴力行為があったと大阪地裁が認定。

このたび、大阪地裁から判決が言い渡されました。

被害者や家族は、和悦会が介護職員の暴言や暴力行為、そして、施設長が家族に対して不当に退所を迫ったこと等を認めて謝罪する様に求めていました。

しかし、社会福祉法人 和悦会は、事件発生当初より介護職員の暴力行為は無かったとして、本日まで暴力行為を一切否認していました。

話し合いは平行線となり、被害者は昨年8月に提訴しました。そして、7月2日大阪地裁が暴力行為はあった事を認定しました。

皆様も音源を聞いてお解りになると思いますが、これは間違いなく暴力行為です。

それを否認し続けてきた和悦会の対応は 『誠実な対応』 と言えるでしょうか?

社会福祉法人として、然るべき社会的責任を誠実に果たして頂きたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

はじめまして。
許されないことですね。
同じような業界で働く者ですが、このような事件は非常に残念です。あり得ません。
人材の質や賃金等の課題も多いのでしょうが、人は慣れと共に最低な人に化すのでしょうか。
組織体制も含めて改善しなければ繰り返すことでしょう。
私たちも歳を重ねていきますから、順番ですよね。

どうか、まる様も心の健康を保ってください。

おはようございます

今朝の情報番組で判決のことは知りました。
すぐにこちらのブログの件だと解りました。

私は知的障がい者の当事者団体のものですが、
老人福祉施設、障がい者福祉施設などでこのような悲惨な事件が後を絶ちません。
家族にとっては体が震えるほどの怒りがこみ上げてくることだと思います。

判決が出たことで、ひとつのことはクリアしたのでしょうが、
気持ちがスッキリするほどのことではないと思います。

これからもまだ戦いは続くのでしょうね。
どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。

取りあえず・・・。

社会福祉法人「和悦会」 入所者に「お前死ね、殺すぞ」 罵声に悲鳴!!
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-147.html

まるさんお疲れさまです。

早速、画像&動画リンクで記事にしておきました。

このぐらいで良いでしょうか(笑)

昨日某情報番組で知りました

失礼します。
ここ近年、虐待のニュースを耳にする中で昨日こちらの事件を知りました。
自分はグループホームで事務員をしながら夜間勤務で利用者様を見守る立場の仕事をさせていただいています。

これは明らかに虐待です。
特養の内情は表に出さない施設が大半かと思いますが、お父さまの担当ケアマネージャーは動いてくださらないのでしょうか?
出来れば1日も早く違う施設への移動申請をなされたほうがいいかと存じますが、もしかするとケアマネージャー自体が今の特養在籍者ってことですかね?
そしてこのような惨劇が多発しているにも関わらず、なぜ実名報道がされないのか疑問で仕方ありません。
これ以上介護職員としての犯罪者が嘲笑う世の中が怖くて仕方ありません。
本当に許せない…

そうま様、ご訪問ならびにコメントをいただき誠にありがとうございます。

そうま様、こちらは大丈夫ですよ。

父は既に退所をして安全な施設で健やかに暮らしております。

しかし、社会福祉法人和悦会は誠実に謝罪をする事はありませんでしたので、この度、裁判所から断罪されたのです。

社会的に今後の和悦会を注視していく必要があります。法人施設内には数百人の施設入所者が居ますので。

未だ、記者会見する気も無いようです。『早く社会に説明責任を果せ!!!』と言いたいですね。

これからもご協力をお願い致します。<m(__)m>

裁判に主観を持ち込むな

朝日新聞朝刊の記事で判決を知りましたけれど、記事が小さすぎる上に、判決内容が軽すぎるように感じました。
記事が小さすぎて、判決内容がものすごく簡単に書かれているのですけれど、「人手不足に悩む介護現場の実情も踏まえ、賠償額は請求の5分の1とした」とありました。
そんな一般論を、裁判官が考慮してよいのでしょうか?これは、裁判官の主観ですよね?
裁判に、こんな主観を持ち込むような裁判官は、感情を入居者にぶつける介護職員と何も変わらないような気がします。

元さま、いつも本当にお世話になります。

元さま、ご無沙汰しております。

細かな所まで見て頂き本当にありがとうございます。

原告の訴えは賠償金300万でしたから、私も60万は少ない様な気がしました。

しかし、良く考えてみると事件発生当初に法人が和解金として呈示してきた金額が60万でした。

ですので、最終的にはギリギリ減額にはなっていないのかな~と、勝手に落とし所として飲み込んでいます。

ただ、法人がここまで否認し続けてきた『暴力行為』、これを大阪地裁が音源だけで認定した事は奇跡に近い判例となりました。

まだまだ、社会的弱者の皆様には壁の高い裁判ですが、今回はかなり社会的弱者側に譲歩された判決になったのではないかと思っています。

もっともっと、社会的弱者を協力にサポートする組織や団体が必要であると痛感しました。

元さま、頼りにしております。これからも何卒応援をお願い致します。<m(__)m>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

残念です・・・

特養に勤めています。
色々記事を読ませて頂きましたが、同職種としてこの様な虐待が起きると、とても残念に思います。
その他にも障がい施設や有料老人ホームでの殺害もあり、なぜこの様な事が起きてしますのか、つくづく考えさせられます。

私は、前施設(同じく特養)に10年余り勤めていましたが、そこでも虐待に近い事は起きていました。直属の上司や施設管理者にも相談しましたが、見て見ぬ振りで・・・恐らく職員を注意する事により辞職されるのが怖いのでしょう。。
確かに介護における人材は、どこの施設も慢性的に不足しており職員の「質」がもの凄く落ちています。
つい先日も某福祉施設の車両が、道の駅に停まり金髪の女性職員が車から降りてきました。降りてくるなりタバコを吸い(この間利用者の方々は車に乗っています)今度は、ソフトクリームを食べながらそのまま片手で運転していきました。私は、唖然としました。ここまで質が下がり、そう言った職員までも雇用していないと介護業界は運営できないのか・・・と。

現在私は、前の特養を辞め今の特養で3年目を迎えています。施設自体も3年目とまだまだ若く、当施設は志が高い職員が集まっています。虐待や不適切介護等についても、常に職員全員で考えて議論しています。身体拘束廃止委員会の設置も法令で定められていますが、当施設は、もう一歩踏み出して「権利擁護推進委員会」を設置し、人権について真剣に考えています。
世の中の介護職員は、本当におじいさん、おばあさんが大好きで真剣に介護と向き合っている職員は、いっぱいいます。
ですから、福祉関係の悪いニュースが先行する度に、真面目に働いている職員もモチベーションが下がってしまいます。とにかく虐待は絶対に許されるものではありません。真面目に働いている職員の為にも、この様な虐待を犯す職員やそれを隠蔽する様な法人は、介護業界から出て行って欲しいです。

色々と大変ですが、今後も頑張って下さい。応援しています。

せせらぎのさと蔵王様、ご訪問ならびにコメントを頂き誠にありがとうございます。


良い施設と悪い施設、何が原因でその様に差ができるのか本当に疑問です。

行政窓口に苦情を言うと、「その施設を選んだあなたが悪い」みたいな事を平気で言われます。

介護保険施設の監督責任は市町村、と法律に定められているのにも関わらず。

良い施設と悪い施設も介護保険制度に則り、ほぼ同じ税金で運営されています。

こんな税金の使い方が許されるのかと思うと増税は本当に納得できないです。

今後とも何卒宜しくお願い致します。<m(__)m>
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

眠りを変える!!腰痛・肩こり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
広告