FC2ブログ

体験談その57 社会福祉法人和悦会 虐待事件


以下、前回、悪徳法人からの回答書に対する抗議文書です。


楽天市場 総合百貨ストア


『前回、回答書に対する抗議と、これまで再三再四に亘って行ってきた事を改めて要望させて頂きます。そろそろ本当に反省して頂ければと思います。


認めなければ警察へ被害届を出す施設長発言の根拠となる証拠音源の一部です。

これを聞いて、見て、あなた達は、未だに、しらを切るのですか?
貴殿らもこの会議内容は知っているはずです。主催者なのだから。
弁護士さん、ちゃんと施設から情報提供してもらった方が良いのではないでしょうか?
毎回、謝罪どころか、話がこじれていますよ!
貴殿らの態度に私達は相当精神的苦痛を受けています!!
何回も同じ事を話すのは嫌なので、文脈から意味が解らなかったら、何回も読むなり、施設長に直接聞くなりしていただけたらと思います。

テープ起こし(抜粋)にて提示します。

7月28日 社会福祉法人和悦会 浜特別養護老人ホーム 1階会議室にて
施設側:施設長・介護主任・女子職員の矢栗美佳
被害者家族側:次男(私)・被害者の妻・長女

13:00頃脅し会議スタート
13:21頃の施設長の脅し発言

前略

次男:笑い

施設長:ただ、じゃ、もう一つ言います。じゃ、それ(松尾大樹の介護日誌と松尾の供述)を信用するに足りないと思われる根拠は何ですか?間違いかもしれないという。

次男:いや、それは、本人(父)のやっぱり言葉(俺はやってない)ですよ。

長女:本人が

次男:本人の意思ですわ。ただね。ただね。

施設長:うん、うん、わかりました。ほんなら、もう、これはもう、こうしましょうか、警察届けさして頂いて、もうそれの方がええと思いますわ。

次男:の方が

施設長:言うんであればね。もうこれは、すんません、ほんまにね、はっきり言いますわ、こんな事してしまいました、すみません、どないかなりませんかと言うてもらったら、いろんな話あると思うんだけど、書いてる事を疑われるところから始められたら、何を話しても駄目ですわ。だって水かけ論ですもん、ここであることは、ほなそうしましょ、あの、「職員にはそう薦めますわ」、家族さんがそれ望まれてるということで、あの、そうしましょ、で、あの、一応、傷害として警察へ届けさせて頂いてね、で、調べさせて頂いて、うわ、ちょっと。そういう事でいいですか?うん、そういう話なんですよ、これは、ちょっと今までと話が違うんです、怪我人出てますのでね。はい、ほんで、あの、えらいことなんですよ。これは、正直ね』


上記の様に根拠を明示して最後の要望書を送付しました。

皆様、これって『認めなければ警察へ被害届を出す』って事ではないですか?

そして、悪徳法人から、回答書が届くのですが、次の回答書も悪徳法人最後の回答書となります。

何故なら、調停?提訴?するからです。

もう、これ以上、社会的弱者をバカにする悪徳法人 和悦会とその弁護士を相手に文通を続けても、切手代が無駄になるだけです。
これまでの文通で悪徳法人は被害者側に本当に謝罪する気持ちは全く無いという証拠は十分に取れましたので、いよいよ、次の段階へと動き始めます。

次回の体験談その58では、悪徳法人最後となる回答書をご紹介させて頂きます。

コメントの投稿

非公開コメント

応援します

数記事読ませて頂きましたが、本当に腹立たしい内容ですね。

結構昔ですが自分の姉が知的障害でそれを少しでも改善するよう施設に行ってた時期がありましたが、その施設で言葉での虐待をうけて余計ひどくなった事がありましたが、色々な施設で色々な事があるのですね。

応援しておりますのでどうか負けずに頑張って下さい!!

バカル 様、ご訪問並びにコメントを頂き誠にありがとうございます。

記事を読んで下さり本当にありがとうございます。

最初は腹立たしい内容ですが、経過するにつれて反転攻勢していきますので、どうか、最後まで読んでみて下さい。

今後ともよろしくお願い申し上げます。<m(__)m>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まるさん

Author:まるさん
まるさんのブログへようこそ!

弱者をいじめる悪人は許さんぞ-
(`´)

皆様のコメントお待ちしてま~す

ちなみに当ブログはリンクフリーです

多くの施設や事業所で、このブログを虐待防止研修資料としてご活用いただいています。ご自由にお使い下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
Twitter